スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨盤の動きで肩甲骨の可動域を広げる

本日もポテンシャルトレーニング中に様々なパターンを試して遊びました。

仰向けで、両膝を立て、軽く脚を開きます。

尾骨を上げたり、尾骨を床の方向に押しつけるように動かしたり。骨盤を前後に転がす動きになります

通常は、骨盤・背骨・頭の動きに意識を向けるパターンが多いのですが、今日は肩甲骨に意識を向けてみました。

骨盤を動かすと背骨が動きます。背骨が動くので頭が連動して動きます。背骨が動くということは、肋骨も動きます。

肩甲骨には重みがかかっているので固定されている状態。そうなると、肩甲骨の上で肋骨が滑っているような動きになります。

腕や肩を動かさなくても、肩甲骨周辺には動きがありますから、肩甲骨を動かした時と同じような感じになるわけです。

今日は、腕の置く位置を変えて、この動きをしてみました。

① 腕を体の近くにおいて、尾骨を上げたり押しつけたり。

② 腕を肩の高さに置き換えて同じ動き。

③ 腕を頭の上の方向、腕を床において同じ動き。

腕の置く位置を変えると、肩甲骨の位置も変わります。

それぞれの位置で骨盤を動かし、肩甲骨周辺の筋肉を緩めていきます。

結果、肩甲骨の可動域が増えることになるので、腕が動かしやすくなりますし、肩凝り・首の痛みなどにも効果がありそうです。

昨日は、①の動きをしただけで、首の痛みが緩和された方がおりました。















スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。