スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90分のポテンシャルレッスン

金曜日はカルチャーセンターでポテンシャル健康体操の指導。

体操と名前を付けているが、体操ではなく、ポテンシャルトレーニングをしている。


休憩を入れずに、90分のレッスン


本日のレッスン内容は・・・・・

1,体の観察

2,横寝でスリスリ
  
  3/30日のブログで紹介したパターン

3,仰向けで股関節・骨盤・背骨・頭を動かす

① 両膝を立て、右膝を外側へ傾けたり戻したり(骨盤が動かない程度の動き)

② 両膝を立て、右足を左の膝の上に乗せる。この時、右の膝は外側に開く。この姿勢で、両膝を右側に傾けて戻す動きを繰り返す。(骨盤と背骨の動きに注目)この場合、右膝が先に床に降りていきがち、左膝を床に近づけていくイメージで行う。


③ 膝の動きと同時に頭を左側へ転がす。

④ 同じ姿勢で、両膝を左側に傾けて戻す動き。右足の裏を床に近づけていくイメージで。

⑤ 頭の動きを加える。

⑥ 同じ姿勢で、両膝を左右交互に動かす。

⑦ 頭の動きを加える。

⑧ ①~⑦の動きを反対側で行う。

4,横寝で背骨を動かす

① 右側を上にして横寝、右膝を左膝の前に置く。右手をおでこにのせて、頭を後ろに転がす~戻す。

② 同じ動きで条件を変える(膝が床から持ち上がっても良し。その分、後ろに転がりやすくなる。戻るときは膝から床に戻るようにする。この動きで肘から膝までの動きの連動を感じさせる。)
この動きをした後、もう一度①の動きに戻る。


③ 反対側で同じ動きを繰り返す。

5,仰向けで骨盤と脚の連動

① 両膝を立て、右膝の後ろを両手で抱える。膝を胸に近づけたり戻したり。

② 膝を胸に近づけた姿勢から、膝を伸ばしたり曲げたり(完全に伸ばしきる必要なし、膝の位置が変わらない範囲で行う。)

③ 膝を伸ばしたした姿勢から、足首を曲げたり伸ばしたり~足首を曲げた状態で5本の指を曲げたり反らせたり~足首をまわす。


④ 膝を近づけたり戻したりを様々な角度で繰り返す。

⑤ ①~④を反対側で行う。

⑥ 両膝を両手で抱えて、膝を胸に近づけたり戻したりを繰り返す。(仙骨と腰椎の間、腰椎の椎骨間の隙間をあけるようなイメージで)

⑦ 両膝を少し右に傾けながら、両膝を胸に近づける~左側も同じように動かす。(左右に骨盤を転がしながら、膝を胸に近づける)


6,体の観察
 
今日のレッスンは、大きく分けて4種類のパターン。それぞれの動きを細かく丁寧に行っています。
黒の太字で書かれている部分は、指導士によっては馴染みのない動きかもしれません。
基本がわかっていれば、指導できる内容です。まずは自分で試してからレッスンの中に少しずつ取り入れてみてはいかがでしょう?

イメージして見てください

今日紹介した内容そのままを、自分が指導するとしたら・・・・

90分で時間は足りますか? それとも、早く終わってしまいますか?
スポンサーサイト

Comment

  • 2010/04/02 (Fri) 21:21
    いずのっち #- - URL
    参考になります!

    レッスンの組み立て方や知らなかったポテンシャルの手法など
    日々とても楽しみに拝見させて頂いています。
    皆さん、とても喜んでいます。

  • 2010/04/04 (Sun) 13:56
    橋本維知子 #- - URL
    Re: 参考になります!

    ありがとうございます。指導士の皆さんに喜んでもらえると、私もブログの書きがいがあります。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。