スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕を固定した肩のトレーニング

今日はちょっとした時間を持てたので、自分のポテンシャルトレーニングをしました。

肩甲骨のトレーニングで、腕を動かすのが面倒だったので、腕を動かさずに肋骨を動かす事で肩に動きがでるようにしてみました。

①横向きに寝て、膝を曲げて揃える。下側の腕を肩の高さで前に伸ばし、上側の腕は楽な位置で手で体を支えられる位置に置く。この姿勢で肋骨を前と後ろに動かす(もしくは、頭を前と後ろに転がす。頭を前に転がした時、おでこが床に着くように、頭を後ろに転がした時、顔が天井を向くように)


②同じく横向きで、下側の腕を斜め下に置き換えて同じ動きを繰り返す。

下側の腕を斜め上に置き換えて同じ動き。

下側の腕を頭の上の方に伸ばして、その上に頭を乗せて、頭を前(腕から頭を下ろす)後ろ(腕の後ろに頭があるように)を繰り返す。(頭が腕乗り越えて前と後ろに動く感じ)。


通常は、上側の腕を伸ばしながら、肩甲骨等を意識して行うトレーニングですが、今回のトレーニングで意識するのは、下側の肩関節や肩甲骨です。少し体重がかかるので、人によっては痛みがでる場合があります。無理をしないように気をつけて行うようにして下さい。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。