スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横寝でスリスリバリエーション

ポテンシャルトレーニング定番の動き・・・

横向きに寝てスリスリ

今日のレッスンの時に行ったバージョンをお伝えします。

 左側を下にして横向き→右膝は左膝の後ろへ→両腕は肩の高さで両手を合わせる→右手を前へ伸ばしたり戻したり→前へ伸ばしたところで止め、その姿勢のまま肩を耳に近づけたり遠ざけたり(頭の方向と骨盤の方向)→肩を骨盤の方向へ動かしたところで止めて、腕だけを伸ばしたり戻したり(肩甲骨が背骨に近づいたり遠ざかったり)

仰向けで体の観察(以下記述省略)

 今度は右側を下にして同じように動かす

 左を下にして右腕を斜め下の方向で①と同じように動かす

 次に右側を下にして同じ動き

 今度は左下で右腕を斜め上の方向で同じように動かす

 そして反対側

このように、1つの動きを行う度に左右交互に体勢を変え、腕を前・斜め下・斜め上に伸ばす・戻すだけではなく、伸ばしきった姿勢のまま、肩(肩甲骨)の上下(頭と骨盤の方向)や腕を伸ばしたり戻したり(肩甲骨を背骨から遠ざけたり、近づけたり)という動きを行いました。

日常の動作で腕を上げる時、ほとんどの人が肩も一緒に上がっています。

腕が上がる時、肩(肩甲骨)は下がるという感覚を身につけることで、肩の筋肉への負担も軽くなり、もっと楽に腕をあげることができるようになります。

トレーニングの中で、斜め上に腕を伸ばす時は、肩が上がりやすくなりますから、そこに肩の上下の動きを入れることで、腕を上げているけれども肩は下がっているという感覚が得られやすくなります。

と言うことで、まず自分で試してから、レッスンに取り入れてみて下さい。











スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。