スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床を蹴った力が頭上に抜けていく感じって?



こんにちは。

ボディポテンシャルメソッド考案者の橋元維知子です。

エアロビックの基本ステップで、もっと床を蹴って~とか、もっと弾んで~とかよく言っていたり、言われていたり・・・

ちなみに私は言わないです(笑)

上半身を硬めて脚に頼っていると、腰に負担がきたり、脹脛に負担がきたり。

床を押した(蹴った)ときに、脚で床を押した力が頭上に伝わって抜けていく感覚があると、もっと楽に動けるんじゃないかなぁって思います。

あくまでも個人的な考えですが・・・

どういう事かというと・・・

ここでアンジェリーナちゃん登場~

アンジェリーナは足の指が硬いのでお許しを(笑)

①うつ伏せで顔を楽な側に向けます。

②足の指を立てて膝を伸ばします。

③足で床をゆっくり押してみましょう。

足で床を押した力が脚を通って、骨盤を通って、背骨を通って、首が長くなる感じだったり、頭上に力が抜けていく感じがわかると思います。

ちなみに・・・

上半身に力を入れた場合どうなるか?も試してみてくださいね!

そして、この感覚をもって技術練習をしてみましょう。

がむしゃらに動く練習とは違って、きっと効率のよい練習になると思います。

エアロビックだけではなく、色んな動作に役立ちますよ。

是非試してみてね♪


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。