スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨盤体操の提供の仕方

こんにちは


日本ボディポテンシャル協会会長の橋本維知子です。


三日間の骨盤体操インストラクター養成&講師研修会が無事終了しました。

受講生の皆さん、ありがとうございました。


これからが始まりですね。


ただ単に骨盤体操と言って、漠然とレッスンを提供するより、どんな方達を対象にどんな目的でレッスンをするかが大切になってきます。


骨盤体操を提供する目的は?


・痛みの解消や予防?

・楽に動ける体づくり?

・スポーツにおけるパフォーマンスの向上?

・美しいプロポーション作り?

・リラックス?


同じ動きでも、様々な角度からアプローチができるはずです。


それを可能にするのが、ポテンシャルトレーニングを基にした骨盤体操。

先輩導士の皆さん、ただの骨盤体操になっていませんか?


骨盤体操であっても、目的を明確にすることで言葉がけが変わってきますよね?

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。