スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉をどう着せるか?

壮快に掲載された体験談の中で、足腰に筋肉がついたというお話しがありました。

ポテンシャルトレーニングそのものは、必要最小限の筋力しか使っていませんので、筋肉はつきにくいです。

では何故骨盤時計で筋肉がついたのか?

動き方が改善されたんです。

骨盤時計を行うと、股関節の可動範囲が広がったり骨盤の動きが良くなったりするわけです。

と言うことは・・・

歩きやすくなるということにつながります。

歩幅が大きくなったり、歩く時間が長くなったり、自然に足腰が使われるようになります。

動き方によって筋肉の付き方がかわります。

必要な部分に必要なだけつきます。

洋服選びと一緒で、どんな筋肉をつけようか? 

それは、動き方で変わってきます。

骨盤時計もそうですが、ポテンシャルトレーニングをすることで動き方が変わる。

動き方が変われば、筋肉の付き方も変わる。

理想のプロポーション作りも可能になるわけですよね。

そして、筋肉がつけば、エネルギーの消費量も変わる。

食事とのバランスが取れれば、ダイエットにも繋がるといった感じで、沢山の相乗効果を生み出します。

動きは地味ですが、やればそれなりの結果が出ると思っています。

まだ、ポテンシャルトレーニングを経験した事が無い方は、是非一度お試し下さい。

全国の指導士の先生方が、待っていますよ。


全国の指導士紹介はこちら → 日本ボディポテンシャル協会 
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。