スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一粒で二度おいしいレッスン 1

見た目は同じ動きをしているようでも、動かし方を変えれば違った動きのパターンになる。

例えば、仰向けで両膝を立て片膝の後ろを両手で抱えて、膝を胸に近づけるトレーニング。

1つ目のパターン

膝を胸に近づけることで、骨盤が動いているか、立てている足に体重がかかっているかを感じる。そして、脚以外の部分が協力して動いていることを確認する。

これを、日常的な動作に置き換えるてみる。

階段を昇るときに膝を上げるが、この時骨盤が動き、軸足に体重がのるという自然な動きのつながりになる。

トレーニングで動きのつながりを感じることができれば、日常動作のような無意識レベルでの動作は、とても楽な動作へと変化していく。

2つ目のパターン

立てている足で床を踏んで、骨盤を動かしながら、膝を胸に近づける。足で床を踏んだ力が、脚~骨盤~膝へと伝わるように。

このパターンは、1つ目のパターンよりも積極的だ。

運動をしている人や運動指導をしている人が、持っていたほうがいい感覚だと思う。

これを、運動に置き換えてみる。

足で地面を蹴り、その力を利用して骨盤を使って膝を上げる。

それは、より力強く、生き生きと膝を上げることにつながり、パフォーマンスの向上にもつながる。

見た目は同じ動きをしているようでも、どこがどう動いているのかを感じながら動くパターンと、どこからどう動かすかを意識して積極的に動かすパターンでは、違うトレーニングになる。

言葉がけを変えるだけで、一粒で二度おいしいレッスンになるはず。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。