スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綱引きとポテンシャルトレーニング

研修中は、指導士の皆さんとの情報交換があり参考にさせて頂く事が沢山あります。


指導士の皆さんにとっても、良い刺激になるようです。


今回の研修に参加した指導士のSさんのお友達が、綱引き大会で世界3位になったそうです。


そのお友達が、ポテンシャルを受けてくれたそうなのですが…


少しずつ体を動かしながら綱を引いていく体の使い方が、ポテンシャルでやっている動きと似ているそうです。


よく有りがちなのですが、コーチは「体の中を使え」と言います。でも言われている側は「中をどう使うのよ?」となり、選手はコーチの言っている事の意味がわからなかったりします。


過去にも、別の種目ですがポテンシャルをやったらコーチに言われている意味がやっとわかるようになったという方がいました。


練習の仕方は色々あると思います。


技術練習を何回も何回も繰り返しながら、動きの感覚を掴んだり、コツを掴んでいくパターンがほとんどだと思いますが…


ポテンシャルで体の動かし方の感覚を掴んでから技術練習をすると、とても効率が良いと思うのです。


運動指導をしているコーチの方達に、ポテンシャルトレーニングを知ってもらえたらいいなぁと思っています。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。