スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滑りにくい時は・・・

横寝になって、腕を伸ばしたり戻したりする動作ですが・・・

指導士の皆さんは色々と工夫されていて、会員さんに軍手をプレゼントしたりオシャレな手袋をプレゼントしたりして手が滑りやすいようにされていますよね。

今日、レッスンでこのトレーニングをしたのですが、スポーツクラブでのレッスンなので手袋を配るわけにもいきません。

フロアなので、滑りにくい状況だったのですが、でも横寝でやりたいなぁと思ったので次のようにしてみました。

応用になりますが・・・


横寝の姿勢で、最初から上側の腕を前に伸ばせるところまで伸ばしたところで止めて、その位置で腕を動かさずに①肩を耳に近づけたり遠ざけたり、②腕を少しだけ長くしたり短くしたり(肩甲骨を背骨から遠ざけたり・近づけたり)、③四点を通るように肩を回します。

比較的小さい動きになるので、これだったら、滑りにくくてもあまり支障はないかと思います。

スタート姿勢が違うと、動きの感覚も変わってくるので、新たな感覚でトレーニングできるかと思います。

連動というよりは、肩甲骨のトレーニングになりますが・・・

是非、やってみて下さい。






















スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。