スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめBPトレーニング 1

何となく腰の調子が悪かったり、腰が反り気味だったり、腰が痛かったり、背中の筋肉が緊張している時に仰向けになると・・・

床と腰の間の隙間が沢山あったり、骨盤の置かれ方や股関節等に違和感があったり、腰が痛くて脚を伸ばせなかったりなんてことはありませんか?


こんな時におすすめのBPトレーニングをご紹介します。

①仰向けで両ひざを立て、安定する位置に足をおく。(この姿勢での骨盤の状態、腰と床の接地面を保ったままで全ての動きを行います)→ 右(どちらからでも良いですが・・)膝をゆっくりと外側に傾けたり、戻したりを繰り返す。

※ この動作をするとき、骨盤が置かれている状況(両膝を立てている状態での床と腰の間の接地面)を変えずに膝を動かすのがポイント


②同じ姿勢で、右の膝を外側に傾けながら、ゆっくり膝を伸ばす。→もと来た道を戻るように膝を曲げて脚を立てる→この動作を繰り返す。

※ ここでも条件は一緒。膝を傾ける→膝を伸ばす→膝を曲げながら脚を立てる。この一連の動作を骨盤を動かさずにできる脚の軌道を見つけるのがポイント。

※ ちなみに、私は最初、膝を最後まで伸ばせなかったです。骨盤を動かさず、腰と床の接地面を保ったまま、膝をスムーズに伸ばせる軌道が見つかれば、伸ばせるようになります

③反対脚で同じ動きを行う。

④両膝を立て、右膝を右側へ左膝を左側へ同時に傾けながら膝を伸ばしたり戻したりを繰り返す。


※ 骨盤を動かさず、腰と床の接地面を保ったまま。
 
※ この動きをしている時の、頭までのつながりを感じましょう。(骨盤を動かさずにと言っているのに、頭までつながるのか?これは自分で動いて解決してください。)

このトレーニング是非試してみて下さい。特に反り腰の方にはオススメです。

トレーニング後は、骨盤や腰と床の隙間がかなり安定して、安心して仰向けでいられる感じがします。(人によって違うと思いますが)

立ち上がったら、かなりやばかったです。

お腹が緩み、幼児体型のようになってしまいました。その代わり、腰や上半身がかなり楽になりましたけど(私だけ?)

機能をとるか?見た目をとるか?

ん~悩むところです。










スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。