スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントでのポテンシャルトレーニング

1504WEB.jpg
1519WEB.jpg


3日の日曜日に、山形で全日本エアロビクスフェスティバルが行われ、その中のイベントとして、30分のポテンシャルトレーニングを行いました。

会場は柔道場、畳の上でのトレーニング。

どんな方が参加するのかわからないレッスン。

実際に参加したのは、選手の保護者の方、選手、コーチ、でした。

いずれにしても、ポテンシャル始めての方の方が多かったと思います。

人数は50人くらいだったでしょうかね・・・

事前に地元の指導士2人にアシスタントをお願いし、動いている時に巡回をお願いしました。

30分のポテンシャルだったので、ほとんど説明なし。

「自分の身体に意識を向け、骨を意識しながらゆっくり優しく動いて下さい」「出番が終わった方は、クールダウン変わりに、まだ決勝が残っている方は体が動きやすくなるように、その他の方も体が楽に動くようにトレーニングしていきます。」とだけ言って、すぐトレーニングに入りました。

内容は、股関節、骨盤、背骨、肩甲骨に動きが出るものを選択。

レッスンに慣れていない指導士の先生は、

ポテンシャルの良さを知ってもらうために、あれもこれも言わなきゃ・・・

言葉がけは順番通り・・・

となりがちですが、基本をしっかりわかった上で、時にはあまり深く考えないで、サラッと言葉がけしてしまう。

「意識」や「感じる」という言葉がけを入れたり入れなかったり、適当さが大切。

頭も柔軟にね・・・・





















































スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。