スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足首・膝・股関節

定番の足首のレッスンをしていて、その足首の動きに膝の動きを付け加えた。(連続で)

足首の動き→膝の動き→足首と膝を一緒に・・・

という流れであれば、意外にスムーズにいく場合が多いが、足首を動かしてもらい、「その動きに膝を曲げる動きを付け加えてみましょう。」という言葉がけをすると何人かの方は混乱する。

足首を曲げる動作をするときに、膝をピンと伸ばす人が多い。

この動きのパターンをしている方は、足首の動きに膝を曲げる動きを付け加えると、「えっ」となる。

そして、足首を曲げた時に膝を伸ばし、膝を曲げながらつま先を伸ばす。というパターンになってしまう。

自然な動きであれば、足首を曲げたときは、膝は少し緩む(曲がる)


混乱している方のフォローとして、言葉がけが難しいとすれば、次の事が考えられる。


① 指導士がハンドでサポートする。(足首を曲げる時に、膝の後ろに手を当て、少し床から持ち上げる)

② 一度、座った姿勢で動きを確認させる。動きづらい場合は、下の写真のように自分の手でサポートし、足首を曲げた時に、膝を曲げるという感覚をつかんでもらう。


100831_113056.jpg

100831_113115.jpg

100831_113133.jpg
 

このトレーニングでは、足首・膝・股関節の三つの関節の動きをスムーズにして、それぞれの関節にかかる負担が均等になるようにすることができる。

足首や膝、股関節を痛めている人にもオススメ。

この三つの関節の動きは、立ったままで行うバージョンもありましたよね。


ポテンシャルは勿論、介護・ゆらっくす・ポテンシャルヨガにも使えます。

目的に合わせて、使ってみて下さい。


















スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。