スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹の中の固まりの正体

去年の冬頃、自分でお腹のマッサージをしていたら、何やらお腹の中に固まりを発見。

しばらく気にしていたものの、そのうち気にならなくなって、その固まりのことは忘れていた。

最近、またお腹の中に違和感を感じ、またその固まりを発見。

仰向けになると、その固まりは無くなり、起きると固まりが出てくる。

何だか気になったので、先週病院で検査をしてもらった。

エコーにその固まりは映らなかった。

CTを撮ったが、特に異常なし。

でも固まりは確かにある。

病院の先生 「腎臓かなぁ???」

私 「腎臓ってこんなに前にありましたっけ???」
 
先生 「そうだよねぇ~」

私 「腎臓って触れるんですか???」

先生 「痩せてる人で触れる人もいるけど・・・・」

先生 「今週の土曜日先生達の会合があるから、ちょっと宿題にさせて下さい。」

と言うことで、その時お腹の中の固まりの正体はわからずじまい。


私のエアロビクスのレッスンを受けている会員さんが、「それって浮遊腎じゃないの??」と言い出した。

まれに腎臓が動く人がいるらしい。

もしかして、それかも・・・・

と予測しながら、今日もう一度病院に行ってみた。

座った姿勢で、エコーで調べた結果、やはり腎臓であることが判明。

診断結果は「遊走腎」

通常の腎臓は脂肪に隠れているが、痩せている人にたまにみられるそうだ。

「浮遊腎」とも言うらしいが、「遊走腎」の方が響きがいい。

まぁ、忙しく走り回っている私にはぴったりの名前かもしれない。(遊走人??)

腎臓も、お腹の中で走り回っているのだろう。

特に、問題はないとのことなので、一件落着。





























スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。