スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の体に意識が向いてますか?

指導士の先生方とのお話の中で、指導士自身が体を壊しているという話題になりました。


メンバーさんに対して健康についての指導はするけれど、自分のトレーニングをしていない・できない状態が意外に多いのかもしれません。


ポテンシャルの研修会を受ける方達の中にも、自分の体がボロボロで・・・・

という方がいらっしゃいます。


ポテンシャルと出会ったことで、ボロボロだった体が改善し、インストラクターとしての寿命が長くなった方が結構いるのではないでしょうか?


研修会でも、まず一番に自分のトレーニングをして下さいと必ずお話しします。


それが、動きの感覚をつかむことになり、自分の体は楽に動くようになり、そして言葉がけのポイントもつかめてくるからです。


一石二鳥なのです。


トレーニングと言っても、トレーニングのための時間をたっぷり取る必要はありません。


意識を変えるだけで簡単にできます。


自分の体に意識が向かなくなったとき、要注意です。


例えば、パソコンをしている時・・・


パソコンに集中しますよね?


その間、キーボードを打つ手に力が入っていたり、肩に力が入っていたり、姿勢が悪かったり、意外に呼吸が浅かったり、等々様々なことを自分でしている可能性があります。


自分の体に意識が向かなくなり、頑張っている状態(無意識に緊張している状態)が長時間続くと、パソコンが終わった後は、肩がバリバリ、首は回らない、腰は痛い・・・等の症状が表れてしまう場合が多いのです。


それは、パソコンに限らず、日常生活の動作全てに当てはまると思います。


日常生活の動作に目を向けて見てはどうでしょうか?


沢山ありすぎてわけがわからない場合は、1日のテーマを決めるといいかもしれません。


例えば、「今日一日、歩き方を観察する。」


足の裏の何処に体重がかかっているのか?

左右のバランスはどうか?

骨盤は動いているのか?

腕は動いているのか?

歩いている時の呼吸は?


歩くという動作にも沢山の観察要素があります。


それを意識するだけでも、トレーニングになるのです。


ただ、歩いている時の全ての時間を観察しましょう・・というわけではありません。そんなことをしたら、かえって疲れてしまいます。


ふと気づいた時でいいのです。


そして、その「ふと気づく」が自然に多くなればいいなぁくらいの感じで行ってみて下さい。


そうやって、自分の体に意識を向ける癖をつけていくのです。



それは、自分の体を知ることに繋がります。


健康を提供している私たち自身が、不健康にならないために。


日々、体への意識を大切にしましょう。


























































スポンサーサイト

Comment

  • 2010/08/18 (Wed) 16:39
    #- - URL

    指導者自身が心身共に健康で、目的意識を持って
    日々の自分自身のトレーニングや会員さんへの
    指導に当たりたいものです。



  • 2010/08/20 (Fri) 14:24
    橋本維知子 #- - URL
    Re: タイトルなし

    心がけがあるだけでも違いますよね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。