Read more

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

Read more

緊張と弛緩

無駄な力を抜く。簡単なようで、意外に難しいのかもしれない。レッスン中、「力を抜いて」と言葉がけしても「力が抜けない」「力の抜き方がわからない」「意識すればするほど力が入ってしまう」こんな声をよく耳にする。こんな時、さぁどうする?この際、思いっきり力を入れてもらう、そしてゆるめる。力は入れられるわけだから、わざと力を入れて、その力を手放せばいい。緊張と弛緩の繰り返し。それを繰り返しているうちに、緊張...

Read more

骨盤底筋群に関わるBP&ポテンシャルヨガ 6

~転がるポテンシャルトレーニング~ポテンシャルA級の研修会で、転がるトレーニング(仰向け~俯せ~仰向け~)をしたのを覚えているでしょうか?このトレーニングは、脚~骨盤~背骨~頭までの繋がりを感じたり、体の中心を意識したり、背骨を整えたりと色々な意識の仕方があったと思います。今回は、この動きを使って、最近テーマにしている骨盤底筋群にアプローチしていきたいと思います。前回の仰向けのワニのポーズ同様、脚...

Read more

骨盤底筋群に関わるBP&ポテンシャルヨガ 5

~仰向けのワニのポーズ応用~①仰向けで両膝を立てて揃える。両腕は肩の高さで横に伸ばす。両膝を左右に傾ける動きを繰り返す。慣れてきたら、膝と反対方向に頭を転がす(BP)。②動きと呼吸を合わせる(ブリージングエクササイズ)③両膝を立てる。両腕は肩の高さから少し下げ、掌は床向き。左膝を伸ばして、床へ。右膝も伸ばして脚は天井方向へ。脚を伸ばしたまま、左側へ倒していく。この時、肩は床から浮いてもいいので、脚が...

Read more

骨盤底筋群に関わるBP&ポテンシャルヨガ 4

~コブラのポーズ~ポテンシャルヨガの研修会で、スフィンクスのポーズやりましたよね?それの応用です。スフィンクスのポーズは両脚を開いて行いました。今度は、両脚を閉じて行ってみましょう。コブラのポーズになります。スフィンクスもコブラも腰を反る形になります。腰の反りは、骨盤の上部を開いて下部を閉じます。...

Read more

骨盤底筋群に関わるBP&ポテンシャルヨガ 3

~ねこのポーズの変形~四つんばいの姿勢で、背中を丸めたり伸ばしたりする(BP)。四つんばいで両肘を床につけ、手を合わせおでこを乗せる。その姿勢で、背中を丸めたり伸ばしたりする(BP)。骨盤を動かしているので、骨盤底の筋肉は使われています。更に強化したい場合は、ポテンシャルヨガのブリージングエクササイズを行う際、息を吸いながら背中を丸め骨盤底の筋肉を締める。息を吐きながら背中を伸ばし、骨盤底の筋肉を...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。